ホーム  >  不動産基礎知識

不動産基礎知識

不動産を売却したいと思った時、安心して取引をするために知っておきたいことはたくさんあります。ここでは、一戸建て・マンション・土地の売却を検討し始めてから、実際に契約を結び売却するまでのおおまかな流れをご説明いたします。
不動産のことで、わからないこと・ご不安なことはいつでもお問い合わせください。

1相場を知る

所有している不動産の売却を決めたら、まずは周辺の物件の相場を調べましょう。
不動産会社で実際に物件情報を見て調べるのもよいですが、参考のようなインターネットサイトでも簡単に相場を調べることができます。手間を省くことができるので、活用してみてはいかがでしょうか。
参考:http://www.century21.jp/sell/mansion/sch

2不動産会社を探す

安心して不動産取引をするには、信頼できる不動産会社が大切です。幅広く情報収集をして、信頼できる会社を探しましょう。「住まい壱番館」なら経験・知識豊富なスタッフが常駐して、お客様を第一に考えたご提案をいたします。不動産会社選びに悩んでいるようでしたら、ぜひお問い合わせください。

3物件の査定を依頼する

不動産会社が決まったら、物件の査定を依頼しましょう。不動産のプロが確かな目で査定をします。「住まい壱番館」では無料で査定を行っております。もちろん、査定価格が気に入らなければ、その場でお断りいただいても構いません。その後のしつこい勧誘なども一切行いません。安心してお問い合わせください。

4不動産会社と契約する

査定価格に納得したら、いざ契約です。不動産の売却方法には、「仲介」と「買取」の2種類があります。
「仲介」とは、所有不動産の売却を不動産会社に依頼して、購入者を探してもらう売却方法です。依頼を受けた不動産会社は自社の広告やネットワークを使って不動産をアピールし、購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

「買取」とは不動産会社が直接買い取りを行います。購入者を探す必要がないため、早期に売却することができます。直接売買なので仲介手数料は発生しません。ただし、「仲介」による売却より買取価格が低くなることが多々ありあます。どちらの方法がよいか、不動産会社とよく相談して決めましょう。

5売買契約を結ぶ

売買条件に合意したら、買主と売買契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の10~20%程度の契約金を受け取ることになります。契約内容を十分確認して契約を結びましょう。

売買代金の受領と登記申請を行います。その他にも税金に関する手続きもあります。わからないことは何でも不動産会社に聞きましょう。「住まい壱番館」でも不動産に関するご質問にお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。

不動産を相続された方、売却をお考えの方、眠っている土地・建物をお持ちの方は
下記もご覧ください!!

ページトップへ